本文へスキップ

福岡県営中央公園は北九州市の3区に接し、ミサゴやカワセミ、季節にはアサギマダラやルリモンハナバチを見ることが出来る北九州地区唯一の県営公園です。

TEL. 093-881-1449

〒803-0835 福岡県北九州市小倉北区井堀5丁目1-4

 施設の案内とおすすめスポット


〇駐車場の場所はコチラからご確認ください。

金比羅池とその周辺

〇金比羅池の面積は約18,200uありカルガモ、バン、アオサギ、シラサギ、コイ等たくさんの生物が生息し、例年6月からは、タカ科の猛禽類である『ミサゴ』や10月には「2,000kmを旅する蝶」と言われる『アサギマラヤ』も間近に見ることが出来ます。池内には、3基の大型噴水があり周辺を水に親しみながらの散策やウォーキングやジョギング等が楽しめます。
〇10月に『アサギマダラ』が観察できる場所はコチラです。

下の写真ではスライドショーが楽しめます。 

中央公園の中心に位置する金比羅池周辺は豊かな緑に囲まれ面積はは約18,200uあります。
金比羅池では、5月頃からカルガモの赤ちゃんが誕生し目の前で泳ぐ姿を目にします。例年、9月頃まで来園者の皆さんの目を楽しませてくれます。
金比羅池・シラサギ
金比羅池・アオサギ
金比羅池・ミサゴ
金比羅池・ミサゴ
大滝: 金比羅山からの水の流れをイメージした人工の大滝です。高さは約10m、最高落水高は約4mです。傍で流れ落ちる水の音が、清涼感を与えてくれます。
ビオトープ:大滝そばにあり、外周園路沿いにある人工の小さな池ですが、自然のままに委ねています。春には密集するアシの中でバンが子を生んでいます。
このビオトープでは、たびたびカワセミが飛来するため、多くのアマチュアカメラマンの方達が来られます。
ビオトープのカワセミ
ビオトープのカワセミ
cafeこんぴら:管理棟西側の喫茶室です。コーヒーの味は大変評判が良いそうです。
国境石:北九州市地域は、そのほぼ中央から東西に豊前国と筑前国に分かれ、その国境には江戸時代に小倉藩と福岡藩によって国境石が多数建てられましたが、現存する13基の内の1基です。
カスケード:カスケードとは水の流れや小滝の事を言います。総延長165mです。
アサギマダラ:ビオトープ横のフジバカマ植栽地に毎年10月になると飛来してきます。なお、当公園では、皆様にご覧いただくため「マーキング」を禁止しています。
金比羅池・アサギマダラ
金比羅池・茜 雲
金比羅池・冬景色
金比羅池・夕 景
4月・サクラ
4月・サクラ



古墳公園

〇『古墳公園』の魅力は、下の写真をクリックすると拡大しスライド画面で見ることが出来ます。  

4月:古墳公園・芝生広場入り口園路古墳公園・芝生広場4月:古墳公園・古墳広場へ上がる園路古墳公園・古墳広場4月:古墳公園・多目的グランド周辺のサクラ古墳公園・多目的グランド多目的グランドでは、毎月第二日曜日にフリーマーケットが開催中です。古墳公園・遊具広場古墳公園・遊具広場古墳公園の謂われとなる「八王寺古墳群」の一つが県営中央公園のそばにあります。詳しくは、「永楽庵」さんのホームページ『北九州市まちかど探検』をご覧ください。

ナビゲーション

バナースペース

福岡県営中央公園

〒803-0835
福岡県北九州市小倉北区井堀 
5丁目1-4

TEL 093-881-1449
FAX 093-883-8449
指定管理者:岡ア建工株式会社