自然に囲まれた総合公園

お知らせ

管理事務所からのお知らせ

中央公園 かるがもだより

2021.06.09

カルガモの産卵~ヒナの成長を定期的にお届けいたします!

待ちに待ったカルガモのヒナの誕生!


6月6日(日)ヒナの羽化を確認いたしました。


母鳥が『勇気を出して早くおいで』と言っているようです。
写真提供:正野氏


母鳥に連れられて園内をお散歩中
写真提供:正野氏


まだ羽化していない卵も数個あり、このあとも楽しみです!
写真提供:正野氏

カルガモハウスが西日本新聞に掲載されました!


こちらの記事は電子版でも下記リンクより閲覧できます。
西日本新聞/カルガモの卵もうすぐかえるかも 北九州市の福岡県営中央公園

待ち遠しいヒナの羽化は今週(5月31日~6月6日)あたり…?!


カルガモの抱卵期間は26~28日と言われています。
4月28日に入居を確認したので、そこから順調に卵を産んでいけば…
うまくいけば今週あたりに羽化するのではないでしょうか?
画像は少し見づらいですが、辛抱強く卵を温めるお母さん…頑張って!

4月28日(水)カルガモの入居を確認しました!


『カルガモハウス』の中に1羽確認しました。
産卵までは確認できませんでしたが、外ではオスでしょうか?まるで守るように見張りをしており、近づけず…
そっと見守ります。

カルガモハウスを設置しました。


毎年金比羅池でたまごを生んでくれるカルガモですが、たまごやヒナがカラスなどに襲われることが多々あります。
そんなカルガモたちを守るため、今年は『カルガモハウス』を作成しました!
金比羅池周辺のカスケードに2カ所、ビオトープ池に1か所の合計3カ所に水面に浮かぶスペシャルハウスを設置しています。
窓を付け、中の様子が少しだけ見えるように作成しました。

※観察の際はカルガモたちが驚きますので、そ~っとのぞいてみてください!


このページをSNSでシェアする